技術情報

 研究実績

平成17年度

発行年月 2005年
著者名 野志保仁・小林昭男・宇多高明・北賢治・芹沢真澄・熊田貴之
論文名 マクロ的視点から見た砂鉄分布特性と広域漂砂特性
掲載雑誌 海岸工学論文集,第52巻,pp.611-615.
発行年月 2005年
著者名 住谷廸夫・松浦健郎・宇多高明・高橋功・大木康弘・熊田貴之・芹沢真澄
論文名 粒度組成の平面変化を考慮した等深線変化モデルの鹿島灘海岸への適用
掲載雑誌 海岸工学論文集,第52巻,pp.546-550.
発行年月 2005年
著者名 野志保仁・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・熊田貴之
論文名 局所勾配算定式の適用範囲と底質特性の新しい評価指標
掲載雑誌 海岸工学論文集,第52巻,pp.406-410.
発行年月 2005年
著者名 芹沢真澄・宇多高明・熊田貴之・三波俊郎・古池綱・石川仁憲
論文名 数値シミュレーションによる海浜変形の予測
掲載雑誌 日本地質学会,第112年学術大会講演要旨集,p.53.
発行年月 2005年
著者名 芹沢真澄・宇多高明・熊田貴之・三波俊郎・古池綱・石川仁憲
論文名 数値シミュレーションによる海浜変形の予測
掲載雑誌 複雑流体の数理とその応用研究集会招待講演
発行年月 2005年
著者名 熊田貴之・宇多高明・芹沢真澄・三浦正寛
論文名 波の遮蔽域形成に伴う3次元地形・粒径変化の予測法
掲載雑誌 海洋開発論文集,第21巻,pp. 1029-1034.
発行年月 2005年
著者名 宇多高明・三波俊郎・星上幸良・芹沢真澄・熊田貴之・酒井和也
論文名 卓越沿岸漂砂の阻止に起因した海岸侵食-紋別港~サロマ湖口の例
掲載雑誌 海洋開発論文集,第21巻,pp. 451-456.
発行年月 2005年
著者名 Niraula, M., Casareto, B. E., Hanai, T., Smith, L and Suzuki, Y.
論文名 Development of carbon biomass using incubations of unaltered deep-sea water.
掲載雑誌 Eco-Engineering.17(2), 121-131.
発行年月 2005年
著者名 Casareto, B. E., Charpy, L., Blanchot, J., Suzuki, Y., Kurosawa, K. and Ishikawa, Y.
論文名 Phototrophic prokaryotes in Bora Bay, Miyako Island, Okinawa, Japan.
掲載雑誌 Proceedings of the 10th International Coral Reef Symposium, Okinawa, Japan, June 28-July 2, 2004 (in press).
発行年月 2005年
著者名 Serizawa, M., T. Uda, T. Kumada, T. San-nami and K. Furuike.
論文名 Beach erosion caused by dredging of navigation channels at ports andriver mouth.
掲載雑誌 Proc. of the 14th Biennial Coastal Zone Conf., New Orleans,Louisiana, pp. 1-5.
発行年月 2005年
著者名 Ishikawa, Y., Suzuki, Y., Casareto, B. E. and Omori, T.
論文名 Organic Production and Calcification in Coral Reef Communities of Bora Bay, Miyako Island Okinawa, Japan.
掲載雑誌 Proceedings of the 10th International Coral Reef Symposium, Okinawa, Japan, June 28-July 2, 2004 (in press).
ページの先頭へ