技術情報

 研究実績

平成19年度

出願年月 2007年11月
発明者 吉田勝美・久城 圭・大村卓朗 ほか5名
特許名 船舶バラスト水のサンプリングシステム
発明者 吉田勝美・久城 圭・大村卓朗 ほか5名
発行年月 2007年
著者名 Noshi, Y., A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada and M. Serizawa
論文名 Relationship between local seabed slope and grain size composition of bed materials
掲載雑誌 Proc. 30th ICCE, pp. 3030-3042.
発行年月 2007年
著者名 Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa and Y. Noshi
論文名 Model for predicting changes in grain size distribution of bed materials
掲載雑誌 Proc. 30th ICCE, pp. 3043-3055.
発行年月 2007年
著者名 Sumiya, M., T. Uda, T. Kumada and M. Serizawa
論文名 Simultaneous prediction of beach changes and grain size distribution on coast with artificial headlands
掲載雑誌 Proc. 30th ICCE, pp. 3079-3091.
発行年月 2007年
著者名 Sakai, K., T. Uda, M. Serizawa, T. Kumada and Y. Kanda
論文名 Model for predicting three-dimensional sea bottom topography of statically stable beach
掲載雑誌 Proc. 30th ICCE, pp. 3184-3196.
発行年月 2007年
著者名 Serizawa, M., T. Uda, T. San-nami, K. Furuike, T. Ishikawa and T. Kumada
論文名 Model for predicting beach changes on coast with sand of mixed grain size based on Bagnold’s concept
掲載雑誌 Coastal Sediments '07, pp. 314-326.
発行年月 2007年
著者名 Kumada, T., T. Uda, M. Serizawa, H. Ishii, T. Nakamura and Y. Oki
論文名 Numerical simulation and field experiment on beach nourishment using coarse materials
掲載雑誌 Proc. 4th International Conf., pp. 1094-1105.
発行年月 2007年
著者名 宇多高明・三波俊郎・長山英樹・住谷廸夫・大木康弘・熊田貴之
論文名 保安林および海岸保全区域の境界で起こる問題とその解決法
掲載雑誌 海洋開発論文集,第23巻,pp. 1015-1020.
発行年月 2007年
著者名 宇多高明・石井秀雄・阿部 良・長山英樹・大木康弘
論文名 神向寺海岸における磯養浜の追跡調査
掲載雑誌 海洋開発論文集,第23巻,pp. 1093-1098.
発行年月 2007年
著者名 宇多高明・住谷廸夫・長山英樹・大木康弘・熊田貴之
論文名 漂砂源の涸渇と護岸の前出しによって脆弱化した海浜の異常波浪による急激な侵食
掲載雑誌 海洋開発論文集,第23巻,pp. 1201-1206
ページの先頭へ