技術情報

 研究実績

平成20年度

発行年月 2008年
著者名 B.E. Casareto, L. Charpy, M.J. Langlade, T. Suzuki, H. Ohba M. Niraula, Y. Suzuki
論文名 Nitrogen fixation in coral reef environments.
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 K. Daigo, Y. Nakano, B. E. Casareto, Y. Suzuki, Y. Shioi
論文名 High-Performance Liquid Chromatographic Analysis Of Photosynthetic Pigments in Corals: An Existence Of A Variety Of Epiphytic And Endolithic Algae
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 K. Daigo, Y. Nakano, B. E. Casareto, Y. Suzuki, Y. Shioi
論文名 New Approach to Study the Coral Symbiotic Complex: Application to Vitamin B12
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 M.F.M. Fairoz, Y.Suzuki, B.E. Casareto, S. Agostini, K. Shiroma, L. Charpy
論文名 A Role Of Organic Matter In Chemical Symbiosis At Coral Reef.
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 L. Charpy, B. Casareto, M.J. Langlade, Y. Suzuki, K. Palinska, S. Golubi
論文名 Cyanobacteria Mats in Two Shallow Coral Reef Ecosystems: La Reunion (SwIndian Ocan) And Sesoko (Okinawa, Nw Pacific Ocean)
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 S. Agostini, Y. Suzuki, B. Casareto, K. Shiroma, K. Daigo, H. Fujimura, M. F. M. Fairoz
論文名 Biochemical Symbiotic System in Corals : Role Of The Vitamin B12 Produced By Coelenteric Bacteria
掲載雑誌 Proceedings of the 11th International Coral Reef Symposium, Ft. Lauderdale, Florida, 7-11 July 2008
発行年月 2008年
著者名 宇多高明・大木康弘・住谷廸夫
論文名 茨城県下桜井海岸での異常な斜め入射波による急激な侵食
掲載雑誌 海洋開発論文集, pp.1297-1302
発行年月 2008年
著者名 清水達也・小林昭男・宇多高明・芹沢真澄・野志保仁・熊田貴之
論文名 等深線変化モデルを応用したバー・トラフ形成に関する縦断モデル
掲載雑誌 海岸工学論文集,第55巻, pp.456-460.
発行年月 2008年
著者名 宇多高明・熊田貴之・芹沢真澄・長山英樹
論文名 波向変動場で生じる漂砂大循環の発生メカニズム
掲載雑誌 海岸工学論文集,第55巻, pp.506-510.
発行年月 2008年
著者名 宇多高明・野川康利・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・長山英樹
論文名 波崎海岸における浚渫土砂の養浜利用の有効性評価
掲載雑誌 海岸工学論文集,第55巻, pp.736-740.
発行年月 2008年
著者名 野川康利・宇多高明・松浦健郎・阿部 良・熊田貴之・長山英樹
論文名 神向寺海岸における混合砂層厚変化に関する現地実験
掲載雑誌 海岸工学論文集,第55巻, pp.771-775.
発行年月 2008年
著者名 Y. Noshi, A.Kobayashi, T.Uda, T. Kumada
論文名 Model for Predicting Bathymetric and Grain Size Changes Considering Equilibrium Beach Slopes Corresponding to Composition of Grain Size and Each Grain Size
掲載雑誌 地形 29(4), 399-419
発行年月 2008年
著者名 宇多高明, 三波俊郎, 長山英樹, 住谷迪夫, 熊田貴之
論文名 茨城県成沢・多賀・河原子海岸の侵食実態
掲載雑誌 海洋開発論文集,第24巻, pp.1327-1332.
発行年月 2008年
著者名 遠藤将利, 小林昭男, 宇多高明, 野志保仁, 清水達也, 熊田貴之
論文名 単一粒径砂と混合砂でできた海浜の波による応答の違いに関する実験
掲載雑誌 日本沿岸域学会研究討論会講演概要集, 第21号, pp.73-76
発行年月 2008年
著者名 野川康利・宇多高明・松浦健郎・阿部 良・長山英樹・大木康弘
論文名 神向寺海岸における礫養浜の歩留まり検討
掲載雑誌 海岸工学論文集,第55巻, pp.766-770.
発行年月 2008年
著者名 下山陽平, 小林昭男, 宇多高明, 星上幸良, 熊田貴之
論文名 海浜変形とチョウセンハマグリの生息環境の関係
掲載雑誌 日本沿岸域学会研究討論会講演概要集, 第21号, pp.139-142
発行年月 2008年
著者名 T. Kumada, T. Uda, Serizawa. M
論文名 MODEL FOR PREDICTING THE EXTENSION OF HABITAT OF JAPANESE HARD CLAM MERETRIX LAMARCKII
掲載雑誌 COASTAL ENGINEERING 2008, Proceedings of the 31st International Conference, pp 4549-4561
発行年月 2008年
著者名 H. Nagayama, T. Uda, T. Matsuura, T. Kumada
論文名 PREDICTION OF BATHYMETRIC AND GRAIN SIZE CHANGES AROUND PORT SUBJECT TO ACTIVE SUPPLY OF SAND FROM LARGE RIVER
掲載雑誌 International Conference on Coastal Engineering 2008
発行年月 2008年
著者名 T. Matsuura, T. Uda, T. Kumada, H. Nagayama
論文名 EVALUATION OF STABILIZATION EFFECT BY ARTIFICIAL HEADLANDS BUILT ON KASHIMANADA COAST
掲載雑誌 International Conference on Coastal Engineering 2008
発行年月 2008年
著者名 A. Kobayashi, K. Sakai, T. Kumada
論文名 LOSS OF SANDY BEACH TRIGGERED BY CONSTRUCTION OF GENTLY SLOPING REVETMENT
掲載雑誌 PACON2008
発行年月 2008年
著者名 Y. Noshi, A. Kobayashi, T. Uda, T. Kumada, M. Serizawa
論文名 MODEL FOR PREDICTING CHANGES IN BEACH TOPOGRAPHY AND GRAIN SIZE
掲載雑誌 PACON2008
発行年月 2008年
著者名 T. Shimizu, A. Kobayashi, T. Uda, M. Serizawa, Y. Noshi, T. Kumada
論文名 MODEL FOR PREDICTING FORMATION OF MULTI-BAR APPLYING CONTOUR-LINE-CHANGE MODEL
掲載雑誌 PACON2008
ページの先頭へ