業務内容
HOME » 業務内容 » 生物分析 » [資料請求] バラスト水分析関連 » [資料請求] バラスト水分析関連 入力確認画面

[資料請求] バラスト水分析関連 入力確認画面

入力内容に誤りがないかご確認のうえ、「送信」ボタンを押してください。

このページには直接アクセスできません。

某農業水利事業 海域影響調査業務

サンゴは様々な生き物の住みかとなり、産卵場所を提供するなど、海の生態系において重要な役割を担っている生物です。南西諸島の島々では、陸域の開発事業が周辺のサンゴ礁へ及ぼす影響が心配されます。

沖縄県の某島で計画されている農業水利事業による海域への影響を評価するため、事業の開始前、途中段階、そして終了後に現地調査を行い、様々な種類のサンゴの生息・分布状況のほか、サンゴと共生している海藻・海草類、底生生物、魚類、甲殻類などの出現状況、対象海域の水質や底質など、多岐にわたる項目を調査しました。

  • 水質調査のための採水
  • 潜水によるサンゴの生息調査
閉じる

統合河川環境整備(印旛沼)

印旛沼はかつて水草の宝庫でしたが、流入する水質の悪化、護岸や特定の種の異常繁茂等により多様性が失われていきました。これを再生することによって生態系の回復と水質改善をめざす取り組みが千葉県や学生ボランティアなどによって行われています。
当社では、異常繁茂しているオニビシや特定外来生物・ナガエツルノゲイトウの除去、かつて印旛沼に生息した水生植物の系統維持(育成・管理、移植実験)等の保全業務と、その効果のモニタリング調査を行ってきました。 モニタリング調査では、下記のような内容を実施しています。

  • ドローン等による植生状況概観調査及び植生図の作成
  • 水質調査
  • 魚類・甲殻類調査、生物多様性調査
  • 事業年度:2017,2019~2021年度
  • 事業主:千葉県印旛土木事務所、千葉県成田土木事務所
  • 特定外来生物・ナガエツルノゲイトウの除去
  • 魚類調査
  • ナガエツルノゲイトウの除去と魚類調査
閉じる

水草園関連施設基本設計

印旛沼は千葉県の北西部に位置し、飲料水の供給源としてだけでなく、美しい景観や豊かな生態系を育む「恵みの沼」として人々に愛されてきました。しかし、急激な都市化や、治水や飲料の安定確保を目的とした開発によって水質や生態系が悪化し、2007(平成19)年度には、全国湖沼水質のワースト1となってしまいました。
そこで2010年3月「印旛沼水循環健全化計画」が策定され、今日に至るまで実行計画に基づいた様々な取り組みが行われています。当社でもこれまでに複数の事業を担当しています。 取り組みのひとつに、水草の「系統維持」があります。かつて印旛沼に繁茂した水草を再生させ、それを維持することで水質や生態系の改善を図ることをめざすもので、この活動を広く知ってもらおうと水草園が作られました。当社は、この水草園において、子どもたちの自然体験や環境学習、市民団体や研究者の活動、レジャーなど、積極的な利活用を可能とする歩廊施設等の詳細設計を行いました。

  • 事業年度:2017年度
  • 事業主:千葉県印旛土木事務所
  • 動線計画
  • 歩廊施設のイメージ
  • 観察デッキのイメージ
  • 観察デッキの平面図
閉じる

海岸保全施設詳細設計業務

茨城沿岸の磯原地区海岸の海岸保全施設(護岸・堤防)は、多くは平成10年代に築造・改修が行われたもので、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)後、津波や高潮に対してさらに対策検討が必要となっていました。
本業務は、東北地方太平洋沖地震後に県の方針として示された「目指すべき堤防高」を踏まえて海岸保全施設の機能強化を図るため、既設護岸の現況を把握するとともに、磯原海岸の対象地域における海岸保全施設の詳細設計を実施したものです。経済性、施工性、供用性、景観、環境等について総合的な検討を加え、工事に必要な設計を行いました。

  • 事業年度:2014年度
  • 事業主:茨城県高萩工事事務所
  • 既設の護岸施設
閉じる

尖閣諸島自然環境基礎調査事業

尖閣諸島は、石垣島の北方150kmにある国境離島群で、沖縄県石垣市の一部です。アホウドリ、センカクツツジ、センカクモグラに代表される貴重な動植物が分布し、周辺海域も豊富な漁場となっており、学術と産業の両面で貴重な自然生態系が形成されていますが、海洋ごみやヤギによる食害等によって脅かされています。保全には正確なデータが必要ですが、中国等が自国の領土と主張していることで、上陸や周辺海域での環境調査は困難な状況にあります。そこで、当社では石垣市からの委託を受け、既存の文献調査や衛星画像解析等によって得られた情報をデータベースとして整理するとともに、広く国内外向けの周知資料等(パンフレット・映像・パネル・ジオラマ等)を作成しました。その成果は、現在、石垣市のユーグレナ離島ターミナルに開設された「石垣市尖閣諸島情報発信センター」等で展示されています。

  • 事業年度:2014年度
  • 事業主:沖縄県石垣市
  • 尖閣諸島・魚釣島
  • 魚釣島の衛星画像解析による正規化植生指標(NDVI)植生図
  • 尖閣諸島自然環境データベース
  • 尖閣諸島のジオラマ
閉じる

地域自然資産法による保全・管理・活用事業、竹富町地域自然資産法の事業に係る運用委託業務

沖縄県八重山郡竹富町にある竹富島は、人口約350人の小さな島です。赤瓦屋根の家々、琉球石灰岩でできた石垣、白砂の道に代表される島の風景は、沖縄を代表する原風景であり、中央部の集落は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。この美しい島は近年の観光客急増の影響を受けて、まちなみの荒廃が懸念される状況となり、島の人達は保存活動に立ち上がりました。当社は竹富町の委託を受け、我が国初の地域自然資産法の適用及び活動と、今後の活動主体となる一般財団法人の設立運営の支援を行いました。

  • 事業年度:2017年~2019年度
  • 事業主:沖縄県竹富町
  • 竹富島のまちなみ
閉じる